写真はまだ

不動産

場所も含めセキュリティ的に問題のない、日本人も含む外国人向けの物件は少ないです。家賃も日本の都心の相場よりも高いくらいです。
家探しについては、日本のように不動産屋は無いので、職場のコネや口コミなどで探すことになるでしょう。大家さんとの交渉次第で、家電やキッチン用品等も準備してくれるかもしれません。
もちろん日本のように単身向けの狭い物件はほとんど無いので、広い家に住むことになる方が多いです。
家の作りや設備などは、それこそピンキリです(豪邸クラスからソロモン人とのシェア物件まで)ので、ここでは記載しないこととします。お楽しみに。

ゴミの収集

ここソロモン/ホニアラでも、他途上国同様にゴミ問題が深刻です。
改善は徐々にされているとは言われていますが、それでも街中や川に空き缶・ペットボトル・その他のゴミが捨てられています。
首都ホニアラでは、JICAと日本のNPOの支援によりゴミ問題の解決に向けての取り組みがなされました→リンク1リンク2。ホニアラの街のいたるところにゴミの集積所がありますので、そこに捨てるのがルールになっています。日本人たるもの、きちんと分別をしましょう。

騒音の問題

かなりの隊員が悩まされるのが、騒音の問題です。深夜になると(ひどい環境になると連日連夜)大音量で音楽を流し、ひと晩中騒いでいる若者に悩まされます。住宅街はもとより、車の往来のある道路からも同様に大音量の音楽と嬌声に悩まされます。
あまりにひどい場合は警察に通報した方が良いとソロモン人からもアドバイスをもらいますが、ご近所でもありなかなか難しい問題です。

ハウスゲレ

ソロモンではハウスキーパーさん/メイドさんのことをハウスゲレと呼びます。だいたい1回につき、50ドル(750円)~100ドル(1500円)くらいで、半日以上かけで掃除・洗濯・ベッドメイキング・皿洗いなどをやってくれます。こちらの女性は、手作業の家事に手を抜かない方が多く、個人差はありますが、ほとんどの方が満足以上の働きぶりを発揮してくれます。
JICAのボランティアの中でも「特に家事の苦手な方」は、シニアボランティアなら毎週、JOCVでも不定期にお願いする方が多いです。大家さんでも職場の同僚でからでも、ハウスゲレは紹介してもらえますので、必要に応じてどうぞ。