国会議事堂

※写真は国会議事堂です

基本情報

正式国名:The Solomon Islands(ソロモン諸島)
首都:Honiara(ホニアラ)
面積:29,785平方キロメートル(※四国の約1.5倍)
人口:538,148人(※鳥取県より若干少ないくらい)
民族:メラネシア系(約94%)、他ポリネシア系、ミクロネシア系、ヨーロッパ系、中国系等
主要言語:英語(公用語)、ピジン英語(共通語)
通貨:SBD(ソロモン諸島ドル)
宗教:96%がキリスト教徒、他の4%は地域固有の精霊信仰
国際電話:国番号+677
ビザ:日本は査証免除対象国に指定されており、30日以内の観光目的であればビザ取得の必要はありません
ビジネスアワー:官公庁は平日の8時から16時30分です。

時差

現在の日本とソロモン諸島との時差は2時間です。日本の方が2時間遅れています(ソロモンの方が2時間進んでいます)。移動の際の時差を負担に感じることはほぼ無く、また生活するうえで日本と連絡をとる場合もさほど不都合は感じません。

気候

ソロモン諸島の気候は1年を通じて高温多湿です。
ホニアラの気温は、沿岸部で平均29度前後ですが、内陸部に入ると最高気温は35度まであがります。5月から10月が雨の比較的少ない乾季、11月から4月が雨季にあたる。降水量は乾季(8月)で約100mm、雨季(3月)で約350mmです。乾季には南東の貿易風が吹き、気温が緩和されます。雨季にはサイクロンも発生し、激しい雨が数日降り続くこともあります。

ソロモンの場所