新聞

テレビ

ソロモンの国内TV局は長期にわたって閉鎖中のようです。OurTelekom(電話会社)が無料でBBC/DW/Aljazeeraなどの海外ニュースチャンネル中心の放送を流しています。日本人向けの少し高めの住居にはテレビが備え付けられ、視聴可能なことが多いです。画質はあまりよくなく、ときどきノイズが入ります。

ラジオ

国内に一局だけ、SIBC(Solomon Islands Broadcasting Corporation)というAMラジオ局があります。普通の(?)AMラジオで聞けますので日本から小さいのを持ち込むのもよいと思います。ニュースや交通情報やトークや音楽など、日本のAMラジオ放送と放送内容はそれほど変わりません。ピジン語のレッスンに役立ちます。

新聞

メジャーの日刊誌が2誌(Solomon Star・Island Sun)あります。むろん宅配などはしてくれませんので、街頭で買います。1誌5ドル(約75円)です。政治からスポーツから海外ニュースまで幅広く扱い、タブロイドサイズで20ページ以上となかなかボリュームがあります。ピジン語ではなく、すべて英語で書かれています。
両紙ともWEBサイトを公開・運営していますが更新頻度はあまり高くないようです。
Solomon Star:https://www.solomonstarnews.com/
Island Sun:http://theislandsun.com/

ニュースサイト

新聞系サイトよりはデザインがこなれていますが、ほとんど更新されていないようです。
http://www.solomontimes.com/


赴任してきて驚いた点のひとつとして、ソロモンには(キリスト教関係の本を扱う店を除いて)本屋というものがありません。どうしても欲しい本がある場合、日本のAmazonに注文してこちらの郵便局で受け取った実績はあります。

映画

映画館はありません。DVDは海賊版を売る店をよくみかけます。

ーーーーー

日本から来た皆さんにとっては、遅いインターネットに加えて、これらの「お手軽な余暇」方面は壊滅的です。自分なりの余暇時間の使い方を工夫することになると思います。なおJICAボランティアで来る方には、JICAの宿泊所/ドミトリーに先輩隊員の置いていった本が大量にあります。ジャンルにこだわりがなければ、これを利用するのがよいでしょう。