嗜好品

ソロモン生活で見かける嗜好品です。

ビール

ほとんど産業らしい産業の無いソロモンなのですが、国内にビール工場があります。そのビール工場は昔にドイツとの合弁だったらしく、味もなかなかです。町のボトルショップでは3つのブランドのビールが扱われています。Solbrew, SB, Canoe Lagarです。350mlひと缶が、11ドル(165円)から13ドル(200円)で売られています。
Solbrewは中心となるブランドで南の島らしい軽い抜けのいいビールです。SBは少し重めの(昼間からゴキゲンなおじ様に人気の)ビールで、Canoe Lagarはその中間くらいの味わいです。
他に、ライムを混ぜたSBライムや、ウィスキーコークなどを売っていますが、日本人の評判はあまりよくありません。

ワイン

外国からの輸入ワインがホニアラのいくつかの店では入手可能です。肉屋のNAMBAWAN MEETに併設されたSulibansという店などが扱っています。

タバコ

Pallmollというブランドのタバコが売っています。一箱45ドル(約675円)とやはり高額です。ビートルナッツを扱う店では1本ずつバラ売りもしています。
また自分で紙を巻いてから吸う葉タバコも売っています。

コーヒー、紅茶、お茶

コーヒーは、ネスカフェのインスタントならどこでも手に入ります。コーヒー豆(豆も挽いたものも)はウィングスやパナティナで手に入ります。ときたまソロモンコーヒーが手に入ることもあります。
紅茶、お茶は中国などの輸入品は手に入ります。日本からの日本茶・麦茶などは手に入りません。
地元の人は砂糖をたくさん入れた甘いコーヒーや紅茶を好んで飲んでいるようです。

ビートルナッツ

文化としても触れないわけにはいきません。親指大くらいの小さな木の実なのですが、かなり強い覚醒作用があります。地元の人によると「この国でのビートルナッツは、他の国の人々にとってのお茶に近いもので、家にいるときなどはお客様に勧めるし、時間さえあれば口にしている」とのことです。
こちらでは、歯で殻をやぶり中の実を取り出し口の中で噛み砕き、木の筋をライム(石灰)につけそれもあわせて噛み砕き、一種の化学反応を起こさせます。その際に口の中が真っ赤になります。それを唾液と一緒に吐き出すのですが、それが道路わきに赤い染みを作っており、景観上あまりよろしくないです。(年々、減ってはいるらしいのですが)。あと歯の間が真っ赤な方も多いです。
そこら中の道端で売っています。ビートルナッツ売りは手頃にはじめられる商売のひとつのようです。

社会問題としての「お酒」

こちらで生活していると気付きますが、昼間からかなり酔っ払っている人が多いです。また深夜、特に週末は住宅地であっても嬌声の耐えない夜が多いです。お酒が元となるトラブルも多いらしく「この国の一番の問題は酒に起因している」という発言をする要人もいます。
また新聞の情報ではクワソと呼ばれる密造酒が裏では流通しているらしく、摘発の対象となっているようです。