日用品と生活必需品

生活必需品・日用品について

以下に記載のとおり、手に入るものは中国からの輸入品が多く、値段・品質ともに満足のいくものは手に入りづらいです。生活を続けていくうちにいずれ慣れていくのですが、自分のこだわりのあるものは日本から持ち込んだ方が良いと思います。なお以下は首都ホニアラでの状況であり、他の地方では輪をかけて生活必需品・日用品の入手は困難になります。

洋服

地元の人は海外から輸入した古着を着ていることが多いです。街を歩いているとどういう輸入経路なのか日本のアーティストや格闘家、ライブイベントTシャツを着た人とすれ違います。
こちらでは既製服というものがほとんど無いため、店にいって選択肢の中から自分に合うものを買う、ということは難しいです。おみやげ物を扱う店やマーケットでアイランドシャツやTシャツを買うということはできます。他には、店で布を買って仕立ててもらうといったこともでき、布と仕立て代で200ドル(約3000円)前後でオーダーメイドのアイランドシャツが作れます。

靴・カバン

こちらでは靴を履く人は少なく(見た感じでは5%くらい)、90%がビーチサンダルを履き、残り5%はアスファルトであっても裸足で歩いています。買う人も少ないですので、靴は洋服以上に選択肢と値段・品質に問題があります。
カバンも同様に実用的なものは手に入りづらいです。
また常に高温多湿であることから、革製品をお使いの方は注意してください。

台所用品

ひととおり揃いますが、中国からの輸入品が多く質がよいものは少ないです。刃物類(包丁、缶きり...etc)は、それほどかさばらないので日本から持ち込むことをお勧めします。

家電

ひととおり揃いますが、中国製品が多いです。一部オーストラリア製品もありますが、少し割高です

PCと付属品

PCは可搬型(モバイルでは無い)のHP社製ノートPCがほぼ定価金額で売っています。
HPやCANONのプリンタとインクやトナーは扱っている店があります。プリンタはかさばるので日本からの持ち込みを悩んでいる方は、こちらで購入するのも選択肢だと思います。
デジカメや携帯音楽プレイヤーなどを扱っている店は少ないです。マウス/USBメモリ/SDカードなどは少し高めですが手に入ります。

スマホ・ガラケー

中国製スマホとガラケーは、露天や商店や携帯ショップで手に入ります。当然ですが日本に比べれば商品の選択肢は極端に少ないです。iPhoneは見つかっても高額品で、Androidは型落ちで英語版であるため、やはり日本から持ち込むのが現実的です。

文房具

これも中国からの輸入品が入手可能です。 日本のようにおしゃれなもの、使い勝手を考えられたものはありません。